第7回えんじnearキャリア(2016/2/6)

えんじnearキャリアでは商社、システムエンジニア、国際協力など様々な分野の方から講演会をお願いしてきました。

そんな中今回のテーマは、宇宙!えんじnear、早稲田を飛び出したと思ったらもう地球も飛び出してしまいました(笑)

今回は、学生時代宇宙船の人口知能の研究をされ、現在は大学をはじめとした各種研究機関の研究開発支援の仕事をされている方から講演をしていただきました。

レオンさん__16387

まずは最新のホットな宇宙トピックを話してくださり、この10年ちょっとでとてつもない進歩を遂げている宇宙研究のスピード感を感じました。

本題は、「宇宙、地球の神秘を知ることを通して、自分を見つめ直す」というなかなか斬新な内容。映像や絵を通してまず、宇宙があり得ないくらいでかいということ、地球がめちゃくちゃ奇跡の星だということがわかりました。

そんな奇跡の地球に生きている自分がどれほど奇跡の存在なのか。普段自分が当たり前だと思ってることが実は当たり前ではないということを伝えていただきました。

講演の後は、グループごとにディスカッション^^.「大学生活という時間が、当たり前じゃないホントに貴重なときだ」という意見や、「地元では当たり前の苗字が東京では当たり前ではない」という意見もありました(笑)

最後に講師の方から、宇宙に興味あるなし関係なしに、大学生活で何を意識するべきなのか話していただいて終わりました。

参加者からは
「宇宙や地球に対する観ががらりと変わった!勝手に自分で思い込んでいて、知らなかったことの方が多かった。」という声が!
これからもえんじnearキャリアでは、そこを攻めるか!という分野まで関心を広げていきたいと思います。